【実食】セブンプレミアム 銘店紀行 博多だるま 食べてみました

博多だるま

福岡を代表するラーメン店の一つ。

1963年、前身である『だるまラーメン』を河原登氏が創業。息子の秀登氏が父親を越えることを目標に『秀ちゃんラーメン』をオープンして人気店まで上り詰める。2000年、『だるまラーメン』の廃業を機に秀登氏が『博多だるま』をオープンした。

現在、全国に9店舗展開している。

セブンプレミアム 銘店紀行 博多だるまについて

成分表示

1食 97 g当たり

  • エネルギー………388 kcal
  • たんぱく質………12.2 g
  • 脂質………………11.6 g
  • 炭水化物…………60.2 g
  • 食塩相当量………5.2 g
  • ビタミンB₁………0.67 mg
  • ビタミンB₂………0.35 mg
  • カルシウム………290 mg

アレルギー表示

卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚・ゼラチン

開封

開けた瞬間から、パンチのある豚骨の香りが漂います。具材はチャーシュー、ネギ、きくらげが見えます。豚骨ラーメン定番の具材に加え、ネギ多めですね。麺は、博多とんこつ特有の極細麺です。

蓋の上には毎回恒例の特性オイルが乗っています。今回はどのようなオイルなのか期待ですね。

実食タイム

お湯を注いで3分。特性オイルを入れて完成です。

豚骨特有の獣臭と、甘い香りが部屋に広がり食欲をそそられます。

麺は3分待っても固めの食感で、博多とんこつをよく再現できている。甘味の強い豚骨スープは細麺と良く絡んでいて、とっても美味。きくらげが食感にアクセントを加えていて、飽きがこない。実際に本店に行って食べてみたくなる味、替え玉がとっても恋しくなります。

気になった方はぜひ食べてみてください。

 

他のセブンイレブンの商品はこちらから

【実食】セブンプレミアム 銘店紀行 中華蕎麦 とみ田 食べてみた 感想セブンカフェラテゼリーはほろ苦で激ウマセブンカフェラテゼリーはほろ苦で激ウマ大きなタピオカみたいな大福がガチでうまい大きなタピオカみたいな大福がガチでうまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です