【実食】セブンプレミアム 銘店紀行 横浜ラーメン 六角家 食べてみました

六角家とは

『吉村家』の2号店であった『本牧家』で修業した神藤氏が創業。
本店は、横浜の六角橋。(現在は閉店している

豚骨臭が強く、昔ながらの家系の味。
「クラシック系」「オールドスタイル」と呼ばれることもある。

現在も姉妹店や、この店で修業し独立した店舗は多数ある。
雷家(川崎)や吉田家(静岡県伊東市)などが有名な姉妹店として挙げられます。

セブンプレミアム 銘店紀行 横浜家について

成分表示

一食 99 g

  • エネルギー…………404 kcal
  • タンパク質…………10.3 g
  • 脂質…………………13.5 g
  • 炭水化物……………61.6 g
  • 食塩相当量…………6.2 g
  • ビタミンB₁…………0.31 mg
  • ビタミンB₂…………0.35 mg
  • カルシウム…………117 mg

カップ麺にしては、エネルギー、炭水化物は低い印象です。かやくが多いのでしょうか。あまり量を食べられない人にとってはありがたいですね!

アレルギー

卵・乳・小麦・えび・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチン

開封

カップの蓋に六角家特性オイルなるものが付いていますので外していざ開封。

薄切りのチャーシューに加え、ネギやホウレン草も見えます。やはり、カップ麺にしては具が多めです。麺の太さはカップ麺でよく見るサイズです。家系特有の中太麺をカップ麺にするには、難しいのかな。

お湯を入れる前から漂う豚骨醤油の香りに食欲をそそります。5分も待てない。。。

実食

六角家特性オイルを入れて、実食タイム。

写真では見にくいかもしれないですが、特性オイルは鶏油だったようです。入れることによって、さらに香りが引き立ちます。すっごい美味しそう。

カップ麺にしては太い方かもしれない麺。モチモチ系でした。スープとの絡みはあまりないのか、家系特有の甘味があまり感じられなかったが醤油のキレはとても良い。もう少しガツンと豚骨感出して欲しかったな。

スープまでしっかりいただきました。がっつり食べたい人には少し物足りないかもしれないですね。200円前後で食べられるので一緒にレトルトのご飯も買うと満足できると思います!

 

他にもセブンの商品をいろいろ食べておりますので是非ご覧ください!

大きなタピオカみたいな大福がガチでうまい大きなタピオカみたいな大福がガチでうまいトリプルチョコマフィンのポテンシャルの高さに驚いた【実食】セブンプレミアム 銘店紀行 中華蕎麦 とみ田 食べてみた 感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です